プロ奢ラレヤーのあきらめ戦略、プロ奢の最新刊レビュー

プロ奢お金
遊(ゆう)
遊(ゆう)

こんちわー8/1販売で、一緒に頼んだ靴の下敷きになってプロ奢の最新刊が届きました!届いたその日に芝生に寝転がりながら読破したのでレビューを書いてみたよ。

結論:本当に大切なものを守るには、不必要なものが何かを明確にすること

「何がやりたいか?」よりも、「何をやりたくないか?」を明確にしないから、自分が欲しくもないものの維持費に時間的経済的コストを支払い、やりたくないことをたくさんやって維持するという負のスパイラルに陥っている。

自己分析が甘くて、やりたくないことがぼやけているから生き地獄ではえずりまわることになる。

パニック障害になってから私がとっているのは、あきらめ戦略らしい

パニック障害になると、色々と自由に出来なくなります。人混みに長時間いられないし、複数人での飲み会とかマジで気疲れしかない。頑張って稼いでいこう!とか、愛、友情、仲間、感謝って大切みたいな✨キラキラ✨している人達のそばにいたりするとそれだけで結構、苦しくなって動けなくなったりします。

そういった出来ないことが、自由にできていいなって思うときも正直あります。けれど、このパニック障害で出来ないことはストレス(緊張)だから、やりたくないと肉体が拒否していること

もはやこれは、与えられた才能ではできないことリストに放り込んであきらめてしまった方がいいやつ。

無理して努力して頑張って、数ヶ月寝込むなら、あきらめてテキトーにゆったり生きていた方が、結果的には楽しく活動的にいられる時間が増えるという単純な計算。

ほとんどの努力は報われない

本では高校球児がプロ選手になれる確率について書かれていたけれど、とんでもない数の犠牲者の上に甲子園の感動はあるんだなって思わされる。

一つのことを継続する力というのは、一種の才能

私は今ブログを書くということが自分の才能リストにあるのか?を現在実験しています。Youtubeを継続する才能はないことを確認しました。無理ゲーです(笑)

文章を書くことは好きだし、SNSで毎日とんでもない量の文章を上げていたこともあった。ただ、客観的なデータをあつめて、それを説明するような文章を書く才能はない。っというか、そういうまとめなら、自分で調べろよって思ってしまう。

自分がこの世界をどう感じているのかをダラダラと言語化するのが得意なだけです。

私は努力と無理を混同してはいけないと思っています。努力してうまくいった人は努力の大切さを説きます。人間は努力して身につけたものは、努力の結果だと信じたい生き物だから

実際には努力する才能があり、継続する才能があり、楽しいと感じる才能がないとだいたいのことは続かないし、続かないから結果などでません。

自分にない才能を見て、私の努力が足りないからって言うの結構息苦しいので私はやめています。
自分が楽しくか、楽にできることそれがお金になる場所がないか?だけを探しているだけです。

才能をシフトさせる

私は鍼灸師なのですが、医療系資格者としてどうなんだ?っと思われる思想をもって仕事をしています。

患者さんの笑顔の為に」みたいな崇高な志を持って鍼灸師してない

正直、他人にそこまで興味ない。他人に興味を持つ才能が欠如してます。発達障害の要素があって、人の顔と名前を覚えるのが恐ろしく苦手です。クライアントさんの名前はしょっちゅう忘れます。症状と体の状態だけは覚えてます。

でも、8年以上も鍼灸師という仕事を継続出来ている(学生の期間を入れれば10年超えてる)のは、人体に対する知的好奇心を満たせる仕事だからです。

その知的好奇心は、基本的な学問から自分で理論を考えて、実際に試し理論通りになるのかを検証するという、いわば研究

たぶん研究職向きの才能は持っているけれど、研究職になるほどの学力はないので、鍼灸師という仕事が適度に研究欲を満たしてくれるから、継続出来ているし、それなりに成果も出せているみたいです。

だから、自分が興味ない疾患が来るとすごいつまらない。つまらなすぎたり、研究の邪魔になるめんどくさい人は断る。断っていいっていう法律になってるから断る。(医師はこれをしてはいけないので大変だと思う。マジで尊敬する。)

自分の才能を見つけてシフトする方法も本では書かれていて自分が無意識にやっててウケた。

まとめ

・やりたいことよりも、やりたくないことを明確に

・パニック障害になってからあきらめ戦略になってました

・努力は報われるみたいな甘い言葉よりも、実際の数字をみよう!

・才能のない努力は報われない。才能がない分野で努力するな!

・自分の才能をうまくシフトしてみると生きやすい(っと思う)

コメント

タイトルとURLをコピーしました