法人設立!合同会社と株式会社どっちがいいの?私が合同会社を選んだ理由

法人化する際に合同会社、株式会社どっちを選ぶのか問題お金
遊(ゆう)
遊(ゆう)

こんちわー、法人設立の際に悩む一番大きな悩みが合同会社がいいのか、株式会社がいいのか?問題です。私は合同会社を選びましたが、その際何を考えたのか?についてお話させて頂きます。合同会社にしようか株式会社にしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

結論:法人設立の目的によって決めよう!

合同会社と株式会社の大きな違いは、設立費用、ランニングコスト、知名度による信用度、決算の開示義務の有無、売却のしやすさ、肩書です。

法人を設立する目的がどこにウエイトが置かれるのかによって、合同会社と株式会社を選ぶのがベストだと思います。

私が合同会社を選んだ理由

私は株式会社ではなく合同会社を選びました。

私がそもそも法人を設立しようと思った目的は、節税だからです。

節税のために法人という形態をとっていますが、鍼灸院は個人の先生が商品なので、法人化しているかどうかよりも、個人で凄い先生がやっている方が経営戦略上のイメージ戦略としては有利かなっと考えています。

個人向けサービスでは合同会社で十分

私のメインのビジネスは、鍼灸院なので株式会社が運営しているからといって、信用力が増して顧客が増えるといったことが特別ありません。

BtoCのビジネスモデルは株式会社である必要性がありません

BtoBの場合は信用力が増すなんてことを言われますが、GoogleやAppleの日本法人は合同会社だったりするので、成果主義になりつつある現代では、どちらかというと確かな仕事だったり、資本金を増やた方が信用力があるような気がします。

ただ、同じぐらいの仕事の質で、付き合いも同じぐらいとかで決め手に欠ける状態で、他社と比べられている場合には、なんとなく株式会社だからっという理由で優遇される場合はあるかもしれません。

BtoBビジネスをしている人の場合、取引先の印象が良いという理由で株式会社を選ぶのはありかと思います。しかし、それだけのリターンがあるのか?を検討する必要はあるかと思います。

あとは銀行からの融資ですが、信用力で言えば多少銀行で融資を受ける際に効力を発揮するかもしれません。

今は名前だけの無審査で融資が受けられるわけではないので、普通に考えれば財務状態の悪い株式会社よりも、財務状態の良い合同会社の方が融資する側は融資しやすいのかなと思います。

信用されるような決算書の方が力は強いかと思います。私自身は無借金経営の為、銀行の印象も気にする必要がありません。

肩書にこだわりがない

合同会社の社長の肩書は代表社員といわれるものであり、株式会社のように代表取締役という肩書を使うことが出来ません

時々、合同会社で代表取締役なんてことを名刺に書かれている方を見かけますが、法律上は代表取締役とは名乗ってはいけません。登記が代表社員であり、代表取締役ではない為ですが、罰則規定も特別ないのでたぶん名乗りたければ名乗って大丈夫かと思います。

合同会社は有限会社を廃止してできた新しい会社の形態です。

その為、合同会社自体の認知が浸透しきっていないことと、代表社員ってなんか一般社員の代表っぽい??響きがある為、BtoBビジネスの場合は名刺で格下にみられるのかもしれません。

私はBtoCのビジネスがメインであり、肩書がモチベーションには特別ならないので、ここも求めていませんし、そもそも、私の場合は名刺に肩書を書いていないので、税務関係と銀行関係の書類の時にしか代表社員というものを使うことがありません。

人によっては、代表取締役!って名刺にかけると仕事を凄く頑張れる、モチベーションに変換できる方もいらっしゃるかと思いますので、これだけをモチベーションに株式会社にするのは個人的にはありだと思います。

売却予定がない

いわゆる資産を貯めるためのプライベートカンパニーなので、設立当初から売却する予定がありません。

ですから、株式譲渡による売却を視野に入れていない場合には、株式会社のメリットである株式譲渡による円滑な売却の必要性がありません。

私は独身なので、事業は私の代で終わりになると思います。一応甥っ子がいるので、彼が大きくなればプライベートカンパニーの役員に入れてしまえば、相続税などなしで資産を引き継がせることも可能かなとは考えています。

まとめ:法人設立の目的が大切

あなたが行うビジネスで、なぜ法人を設立する必要があるのか?の目的が明確であれば、合同会社にするのか株式会社にするのかはそれほど迷わなくてよいかと思います。

合同会社と株式会社どちらがいいのか問題というのは私も設立時に悩みました。

大切なのはなんとなく株式会社の方がよさそうだからっという見栄で決めないことだと思います。

合同会社の方が有利なのか、株式会社の方が有利なのか、自分の法人設立の目的に照らし合わせて選択すれば後から後悔するということはないと思います。

合同会社の場合は後から株式会社化することも可能なので、長く悩んで生産性を落としている間に、本業で1円でも多く稼いだ方がいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました