節約オタク!汗の臭いにコスパ最強の洗剤セスキ炭酸ソーダ

35歳独男愛用!コスパ最強の洗剤セスキ炭酸ソーダテキトー
遊(ゆう)
遊(ゆう)

私は健康の為に運動は週4~5回ぐらいしてるんだけど、洗濯機を毎日回す量もなくて衣類についた汗の臭いが気になってたんだけど、今日は色々試した結果を紹介するね。

結論:めんどくさがりにはセスキ炭酸ソーダが最強

私はおしゃれ着なんかはほとんどない独男なので、洗剤にそこまでこだわっていませんが、運動をするのでどうしても服の汗の臭いが気になります。

そこで使い始めたのが、薬局でも簡単に手に入るセスキ炭酸ソーダ。洋服や下着の汚れは、汗、皮脂がほとんどなので普段から洗濯にも洗剤と一緒に使っています。

キッチン周りの油汚れなんかにもセスキ炭酸ソーダである程度簡単な掃除だけはしています。そして、なんといってもコスパ最強です。

独男だと洗濯物の量が少ないので、汗のついた洗濯物をその日のうちに洗うということが毎日は出来ず、数日洗濯機の中に置いておいて、臭いが衣類についてしまったりします。そんな衣類の臭い問題を簡単に解決してくれます。

皮脂、汗、血、精液などのタンパク質の汚れが簡単に落ちる

セスキ炭酸ソーダはタンパク質性の汚れを落とすのに適しています。

効果を発揮するのが、衣服の嫌な臭い皮脂や汗に含まれるタンパク質を雑菌が繁殖・分解したときに発生する臭いです。なので、タンパク質の汚れを落としてしまえば、雑菌が繁殖するための栄養源がなくなり、嫌な臭いを防ぐことが出来ます。

衣服以外にも私は枕やシーツ、毛布を洗うときなどにも使っていますが、臭いもなくなりますし、タンパク質性の汚れがきれいに取れます。

寝ている間にかさぶたをはがしてしまってシーツに血がついてしまった。

男性だと精液がシーツやパンツを汚してしまい洗剤で洗ってもシミが取れないという問題も、セスキ炭酸ソーダを使えば綺麗に取れます。

キッチン周りの洗剤としても使える

強くはありませんが油を分解する力もあるので、キッチン周りの油汚れにセスキ炭酸ソーダを溶かした水を霧吹きで吹きかけてふき取るという、調理後の軽い掃除にも大活躍しています。

油を分解する力は、洗剤には劣るので油汚れをスッキリ綺麗にしたい場合には中性洗剤使った方が向いていますが、洗剤だと洗い流したりが結構大変なので、炒め物とか揚げ物した後にコンロ周りに油が飛んでいるけど、がっちり掃除するのはめんどくさい、でも放置すると・・・という日常のちょっとした油汚れにスプレーしてふき取るっていう感じで、私は使っています。

フローリングはワックスがはがれてしまうので注意

フローリングもセスキ炭酸ソーダを使うと綺麗にはなるのですが、ワックスをはがしてしまうので、あまりお勧めは出来ません。私はキッチンの床の油跳ねに少し使っていますが、基本的にフローリングは掃除機と水拭きが良いみたいです。

私が住んでいる一人暮らしの部屋は和室がないので関係ありませんが、畳にも使わない方がいいそうです。畳ふきなどもやめましょう。

衣類の臭いをとる目的ならつけおき

下着など汗を最も吸いこんでいる衣類は、そのまま放置すると臭いが気になります。

私は洗濯がその日にできない場合にはバケツにセスキ炭酸ソーダを水に溶かしてつけおきしておくことで、臭い回避しています。

一度臭いはつきますが、洗濯する前に洗濯機の中で、3時間ほどつけおきしてから洗濯しても臭いは取れるみたいです。洗濯機の洗剤と単純に混ぜるだけだと、臭いが残ってしまいましたので、臭いを取りたい場合のつけおきは大切です。

まとめ

・衣服、シーツのタンパク質汚れはセスキ炭酸ソーダがおススメ

・汗の臭いが付いた服はつけおきで解消

・油汚れにもお勧めだけど、分解力は弱い

・フローリングとかには不向きなので使うのは×

コメント

タイトルとURLをコピーしました