総資産4,000万円を超えてわかったこと

総資産4000万円お金
遊(ゆう)
遊(ゆう)

こんちわー、プライベートカンパニーと個人とで資産が分かれてしまっているので、実際の資産はいくら自分があるのか?を改めて計算してみたところ、4,000万円を超えていました。アッパーマス層なので、上はまだまだいますが、自分的には中の上ぐらいでちょうど良いかなと思っています。
プライベートカンパニーを作った3年前は1,000万円を超えたところでしたが、意外と早く準富裕層の世界が見えてきてはいますが、純資産4,000万円を超えて分かったことをまとめてみました。

 

結論:人間は大きい金額を正確に認識できない

実際に4,000万円を超えて分かったことは、私の場合は1,000万円以上ぐらいから、金額を実感としてうまく認識できなくなっているということです。

2,000万円を超えたとき、3,000万円を超えたときもそれぞれありましたが、感覚的には実感がないというのが正直なところです。

銀行や証券口座などの数字が増えているだけで、すべて現金にして眺めてないからかもしれませんが、今のところは数字が大きくなったけど、実感はないというのが正直なところです。

もしかすると、実際に生きていくのに必要な金額が手に入ってさえいれば、資産が与えてくれる安心感というのは、数字を信じ込めるかどうかの違いしかないかもしれません。

自分が実感できる金額とは?

政府の借金が1,000兆円あるといわれて、ピンとくる人っていないとおもいますが、今はあんな感じに近いです。

私の場合は、自分の感覚的に正確に把握できている単位ってせいぜい1万円ぐらいのような感じがしています。

1万円を基準に100万円ぐらいにかけて徐々に「大金」という大ざっぱな感覚になってきます。

人生の中で100万円を超える買い物というのは、自動車と鍼灸学校の学費以外では支払ったことがないので、今まで一括で一番多く使ったことのあるお金が180万円ぐらいです。

なので、200万円ぐらいまでは大金としてはなんとなく実感が持てるのですが、それ以上になってくると300万円と400万円の差が感覚的に把握できなくなってきます。

1,000万円を超えてくると、把握できていない感覚が強くなり、それ以上はあまり変化がありません。

使う力が把握する力なのかも・・・。

単月売り上げで言えば、月300万円、年間でいえば2,000万円を達成したことがあるのですが、実はこれもあまり実感がありません。

後で計算してみて、「達成していたんだ~へぇ~。」というどこか他人の成果を見ている感じです。

私に一番不足している力は使う力なので、もしかすると、お金を感覚的に把握できる力というのは、使う力と関係があるのかもしれません。

今のところ、生活に不満はないので使う力をさらにレベルアップするために何かするかといわれると、微妙ではありますが・・・。

資産が与えてくれるもの

私の場合は、この資産の数字が今後増えていってもあまり実感がわかないのかな?っと思っています。

今後、高配当株などでキャッシュフローを増やして使うようにしていけば、もっと実感が持てる可能性もありますが、今のように単純に金額が増えただけでは、1億円を超えたとしても、実感は変わらない気がします。

スコアをあげるゲームに走りすぎている感はあるので、資産形成との付き合い方はもう少し考えたいところです。

投資を始めたのが今年の頭で、しかもインデックス投資のドルコスト平均法なので、まだほとんどの資産が現金のままです。

4,000万円を年利5%ぐらいで運用できれば年200万円の収入になるので、今の生活水準であれば仕事しなくても十分生きていける収入にはなりますが、仕事やめたら暇すぎて鬱になりそうなので、キャッシュフローを増やすのは正直怖いです。

資産が増えていっても、不安がゼロになることはありません。むしろ、変な話に惑わされないか気を付けなくてはいけないので、怖いです。

まとめ

・人によるとは思いますが、金額が大きくなると実感がなかなか持てない。

・使う力を鍛えたら、実感が出るかもしれません。

・資産が増えても不安はゼロにはならない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました