裏切りの心理学、突然態度を変えたあの人の心理は?

裏切りの心理学、突然態度を変えたあの人の心理は?健康
遊(ゆう)
遊(ゆう)

こんちわー、皆さんは身近な人の態度が急変して戸惑ったことはありませんか?今日はそんな裏切りの心理学のお話していくね。

結論:裏切ったのではなく、条件が変わった

私達がどういう行動をとるのか?どうゆう判断をするのか?はその人の置かれている条件によって決定されます。

人は条件が変わると、行動が変化します

しかし、相手にとっての条件が変わったことに気が付かずに、こちらが期待した行動と違う行動を相手がとった時に、私達は信じていたのに裏切られたと感じてしまうのです。

全ての人は条件が変わると判断が変わり、意見が変わり、行動が変わります

条件が変わるとはどういうことか?

例えば、あなたには大好きな恋人がいたとします。
しかし、あなたが恋人のことが好きというのには、何らかの条件が必ずあります。

外見の場合もあれば、性格の場合もあるし、あなたをどのように扱ってくれるのか、あなたのことをどう想ってくれるのか?一緒にいるとなぜか落ち着く、いい匂いがする、一番つらい時期を一緒に過ごしてくれたという過去の体験かもしれませんし、婚約しているという事実かもしれません。あなたの理想の相手に現状で一番近いのかもしれません。あなたを必要としてくれるからかもしれません。

あなたが恋人のことを好きであることには、何らかの条件があります。

その条件が変わってしまった時、人は判断を変え、意見を変え、行動や態度を変えます。

条件が変わって、判断が変わるのは自然

交通事故で脳を損傷して攻撃的な性格に変わってしまう人もいるし、半身不随になって介護が必要になるかもしれません。事業に失敗して大きな借金を背負うかもしれません。

それでも愛情が継続する人もいます。

それは、その人にとって重要な条件がそれではなかったということが一番大きく影響しています。

相手の優しさを条件にしていたり、相手が健康であることを条件にしていたり、経済力があることを条件にしている人であれば、愛情を発揮できなくなってしまいます。

また、理想の相手が現れたなどの環境も、条件の変化です。

二人の間での条件が変化しなくても、環境の条件が変化すると判断の変更に影響してくることもあります。

人間関係全般に同じことが言える

残酷な事実ですが、人間関係はお互いに利益がないと継続できません

一緒にいて楽しい、話が合う、刺激しあえる、時間を共有できるなどの利益を相互に享受できるからこそ、友人関係は成り立ちます。

どちらか一方、もしくは両方にとって、利益を享受できなくなった時に人間関係は破綻を迎えます。(子供が大きくなったり、旦那の定年退職を機に離婚する夫婦が多いのも、お互いの利益が享受できなくなったからです。)

卒業や転職などで、仲の良かった友人と疎遠になったという経験をお持ちの方も多いかもしれません。

それは、気軽に会いやすいという利益を享受できなくなったことと、新しい環境で気軽に会える友人が出来たという環境条件が重なることで、仲が悪くはならないにしても、疎遠になってしまうのです。

人は二人の間の条件と自分を取り巻く環境の条件で行動や態度が変わります。

態度が突然変わった裏にも、裏切りの裏にも、二人の間の条件もしくは環境の条件の変化が存在します。そして、それは必ずしもあなたに原因がないこともあります。

まとめ

・人間の判断や行動は今の条件によって決定されたものである。

・条件が変わると判断が変わり、その結果行動が変化する。

・人間関係を構築する際に重要とする条件には個人差がある。

・人間関係はお互いに利益がある時に成立する。

・あなたが原因がなくても相手の環境の条件が変われば攻撃を受けることがあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました